Staff Interview #1 調理師/盛付・洗浄スタッフのお仕事

エリア調理師(係長)・Hさん/入社15年
 
社会人になってから、すっと調理の仕事に携わってきました。
お寿司屋さんや居酒屋など、それから団体調理も経験しています。
 
ヤマト食品は仕事の幅が広く、イベントでお寿司を握ったりすることもあるんです。
そんな時に過去の経験が活かせていますね。

今は係長として、複数の施設を担当しつつ、新規施設の立ち上げをやらせて頂いたり、様々なチャンスを会社から与えてもらっているところです。
この期待に答えないと!ですね(笑)
 
ヤマト食品の良い所は、頑張っている人に対して、新たな仕事の機会や役割を、しっかり提供してくれるところだと思います。
だから15年以上、長く続けているのかもしれません。
また、主婦のパートスタッフさんが多い職場というのも大きな特徴です。
彼女たち、パートスタッフさんが職場の雰囲気であったり、仕事の大きな流れを作ってくれていると言っても過言ではありません。
私は係長でもあるので、パートスタッフさんたちとのコミュニケーションも大事な仕事です。

社員とパートさんの仲はとても良いと思います。
一緒にご飯を食べたり、何気ない会話の中から仕事のヒントをもらったり。
ヤマト食品はどこの職場も、明るい雰囲気だと思います。
マネージャーが気をつかって、スタッフみんなを盛り上げて、親身になって話を聞いてくれるからだと思います。
 
この仕事は調理師と言っても、料理の美味しさだけを追求する仕事とは違うと思っています。
お年寄りのことを誰よりも考えて、「これが最後のご飯になるかもしれない。だからこそ、ベストなものを提供しよう。」
そんな想いで日々の仕事に取り組んでいます。

調理師(契約社員)・Sさん/入社半年・主婦
 
子どもが社会人になり手が離れたので、それを機会によりやりがいのある職場を求めて転職を考えました。
インターネット(indeed)で探し、家からも近かったのでヤマト食品に決めました。

もともと栄養士の専門学校に通っていたこともあり、給食センターでパートとして10年働き、1日1700食を作っていたんですよ。

毎日の仕事は楽しいです。料理をつくるのが好きだから、というのはもちろんですが、周りには同世代のパートスタッフさんも多く、仲間に恵まれているなと感じています。
勇気を振り絞って、転職した甲斐がありました!
 

調理師(正社員)・Kさん/入社1年・26歳
 
高校卒業後、調理専門学校へ。以前は和食の調理の仕事を約5年ほどやっていました。お寺の行事の配膳をしたり調理をしたりといった珍しい仕事です。1日に800食つくることもありました。とても良い経験です。
そんな中、あらためて自分の将来を考えて、ヤマト食品への転職を決めました。
 
入社して1年が経ち、少しずつ自信もついてきました。今までやってきたことが活きているなと思う場面も多く、何事もまずは経験することが大切だと感じる毎日です。現在の調理数は1日90~110食くらいです。1食、1食に対して気持ちを込めて、丁寧な仕事が出来る調理量で自分に合っていると思います。

ヤマト食品の良いところは、条件面ももちろん大事なんですが、それ以上に仕事への「達成感がある」ことだと思います。一人一人に美味しいって思って貰えるように、料理を食べてくださる個人個人の顔が見られるという“やりがい”が大きいですね。

やりがいを持って、達成感を味わえる職場。だれかに美味しかったよ!と言って頂けたら嬉しい。そんなシンプルな喜びを大切にしています。
 

ページトップ

ヤマト食品株式会社のオフィシャルサイトです。

Copyright©ヤマト食品株式会社All Rights Reserved.